ご相談からご入居まで

住宅購入のご相談からお引越しまでの予定スケジュール

【ご相談・お申込み】

ご相談

当社の営業マンが物件のご案内と説明をさせていただきます。その中からお客様に合った物件をご紹介いたします。ファイナンシャルプランナーによる、資金計画も作成できます。(無料)

お申込み

希望の物件が決まれば、まずはお申込みを!

事前ローンお申込み

金融機関にお申込みを行います。

【プラン打合せ・地盤調査】

プラン打合せ

当社建築士とのプラン打合せから建築工程の打合せをさせていただきます。

建築許可・地盤調査

建物の土台となる地盤の状態を調査いたします。

【売買契約・表示登記】

工事請負契約

ご契約となります。

着工

お客様立会のもと、工期、工程を確認しながら工事を進めていきます。

ローンご契約

ローン申込み銀行にて金銭消費貸借契約締結。

表示登記

登記をする準備をさせていただきます。

【お引渡し・ご入居】

取引決済

申込金融機関で融資手続きを行い、登記手続きを行います。

引越し・ご入居

建物・鍵のお引渡しおよび証明書の受け取りを行います。

アフターサービス

お引渡し後、定期点検を行います。

 

 多くの人が、家に対して一生に一度のものであり、その「家づくり」に求められるのは、丈夫で長持ち、安心・快適に暮らせる「家」です。
 欧米などでは、100年以上の住宅も珍しくないものに対し、日本の住宅は、建築後 20年~30年という僅かな年数で、解体や建替えを余儀なくされているのが現状です。木は、苗木を植えてから建築の材料として使用されるまでに約50年も掛かりますが、今の日本の現状だと、山の環境を壊していく上に、解体が多くなることによって、産業廃棄物の増加に繋がり、環境破壊として問題視されています。
 また、人工的・科学的に作られた建築材料を多用することで、耐久性の低下を招き、さらに、シックハウスによる肉体的・精神的ダメージを与え、重大な問題になってます。
 東洋インダストリーでは、耐震・長持ち・省エネ・ECOを考えたご提案を徹底して行い、お客様に満足して頂ける「家づくり」を実践しています。真新しい新築から、年月の経過とともに落ち着きのある風合いに。ご家族の暮らしとともに「家」があります。人にやさしい「家づくり」をご提案いたします。

安心安全快適に暮らせる家づくりを

将来設計を踏まえる

 東洋インダストリーでは、工事の大きさに関わらず、お客様と綿密な打合せ・ご提案を何度も行う為に、専門のアドバイザーと設計士でお打合せをさせて頂いております。
 その際には、FP(ファイナンシャルプランナー)が、お客様の将来設計をしっかりとお聞きした上で、家づくりだけを考えるのでは無く、これからにおけるご家族の生涯も考えた上の金額を精査し、その中で、家づくりの予算はどのくらいかを算出しています。
 そこから始めて、お客様にはどんな家がベストなのかを考えます。その内容を元に、専門の設計士とアドバイザーによる最適なプランをご提案をし、大切な「家づくり」のサポートとしてお手伝いさせて頂きます。

 リフォームを行う際に、「リフォーム」と「メンテナンス」の違いを押さえておくことはとても重要なことです。
 メンテナンスとは、家を今後も長く生かしていく上で必ず必要なことです。それに対して、リフォームは長い将来の事を見据えず、家づくりをしてしまった人にとって必要になってくるものです。従って、本来リフォームというものは必要の無いものになります。
 東洋インダストリーでは、今後の無駄なリフォームが無くなるように、今の現状から、この先の将来を考えた家計設計をさせて頂き、これから数十年先に渡ったコスト削減のご提案をさせて頂いております。

リフォームとメンテナンスの違い

ヒアリングシート

 東洋インダストリーでは、「ヒアリングシート」と呼ばれる「家づくり」には欠かせない綿密なシートをご用意し、そのシートには、お客様が本当に求められているニーズを掘り起こして頂く為に、希望や要望、また家づくりに対しての不安などを書き込んで頂いております。
 出来上がったシートより、順に優先権を付け、それが本当に必要であるか、必要でないかを現在の目で見るだけで無く、これから先の将来に向けての目で、判断致します。
 そして、最も多く上げられる条件の「予算」に見合った満足する家をご提案させて頂きます。
ヒアリングシートの内容は、経験豊かなアドバイザーが設計士と一緒にチェックを行い、優先順位の高いものから順にプランへ取り入れ、設計図・3Dパース・模型などを用いてお客様のご要望を家づくりへ盛り込んでいきます。東洋インダストリーでは、お客様の将来をしっかりと見据え、失敗しない家づくりの為に全力を尽くします。

 戸建住宅のリフォームに対する性能保証や検査システムでは、お客様がご納得できる安心を得られないのが今の現状です。
 柱を抜き、梁補強をすれば良い、といったリフォームが大半の中、当社では、担当設計士とアドバイザーの両輪で構造的な性能と機能・デザインの両立を図っています。特に耐震的な部分として、柱の直下率50%以上壁の直下率60%以上、2種類の指標を物件ごとにチェックを行い、耐震性のご提案をさせて頂いてます。勿論、筋交いによる補強チェックも物件ごとに行い、機能面との両立を図ることを念頭に置いて、ご説明させて頂いております。
 リフォームとは、古い建物にお化粧をするような見た目だけの良さをご提案するのでは無く、耐震を含めた内部の構造材にもこだわりを持って、ご提案させて頂いてます。
 柱には桧材、または安定した集成材を選定し、梁に関しては、米松・集成材を状況に合わせて使用、リフォーム後も末永く、いつまでも安心して、楽しく住んで頂ける家づくりを常に心掛け、お客様へのご提案・ご説明、そして施工に日々取り組んでいます。

耐震への取り組み

省エネへの取り組み

 太陽光発電+ECO給湯・エネファームなど、多種にわたる商品のご提案をさせて頂いております。また、部分的な改装工事でも、省エネ・ECOの取り組みが可能です。例えば、水廻り設備の場合だと、キッチンやお風呂、トイレ・洗面等、節電・節水対策が十分可能な上、経済的にも大変お得です。
 また、CO2削減にはペアガラスやLOW-Eガラスなどを取り入れた断熱工事など、今だけのリフォームを考えるのでは無く、これからを考えた住まいづくりを目指し、日々活動しております。

 大きなプレートの近くに位置する日本は、「地震大国」と言われています。特に、2011年にあの大きな震災以降、日本の至る所で地震の速報が飛び込んでくる中、いつ起こってもおかしくない大地震に備え、現在のお住まいの耐震性を調べましょう。
 耐震認定技術者がお伺いし、お住まいの耐震性を調査します。その結果を元に、必要と判断される補強工事に関してのお見積りを作成致します。診断の結果、優先順位の高い危険性があるものや、費用の負担が少ない補強工事をしっかり行っていきましょう。

耐震診断サービス

 皆様が安心して新しい家で暮らせるよう東洋インダストリーではJIO(日本住宅保証機構)とJHS(ジャパンホームシールド)での調査・検査と、保証に申し込みをしています。
 新築住宅で瑕疵があった場合、住宅を供給した事業者が住宅瑕疵担保責任に基づいて補修を行い、JIOが補修費用の一定割合を保険金として事業者へ支払う制度です。JIOとはJapan(日本)Inspection(検査)Organization(機構)の頭文字を組み合わせた略称で、国土交通大臣より指定された住宅瑕疵担保責任保険法人です。
 JHS地盤保証システム ジャパンホームシールド(以下JHS)の規定に基づいた物件の地盤に対して、JHSが定める品質基準に合格であれば登録ビルダー(京都建物株式会社)へ保証規定が適用されます。 JHSは地盤保証システム(地盤調査・地盤保証)により不同沈下しない地盤品質を保証する第三者機関です。

JIOわが家の保険JHS地盤保証システム

 

当社では、リフォームや工事をすることだけを業務としておりません。
 事前の住宅調査や、工事中のお客様へのサポート、リフォーム・工事後における保証などに力を入れております。
お客様が望まれる、安心で快適な生活の為に、万全の準備をしております。どうかご安心して当社へお任せ下さいませ。

耐震診断サービス

 

最長10年までの安心保証

 工事箇所ごとにそれぞれの保証期間を提示しており、最長で10年の保証をしております。(新築のみ)
「何かおかしいかな?」と思われた時は、まずご相談ください。担当者が責任を持ってご対応させて頂きます。

お客様の満足度向上の為のアンケート

 工事終了後、全てのお客様にアンケートハガキをお渡し致しております。
ご不満な点、満足頂いた点など書いて頂き、住まいづくり、サービスの向上を目指しております。

 建替え工事や全面改装工事、また水廻り等の改装工事を依頼される際、そのまま住まわれた状態で工事をされるには、普段の生活に規制や不便さを感じられ、また工事業者さんが毎日出入りをされる為、精神的にもお疲れになってしまいがちです。
 そこで、当社ではそんなお客様のご負担を少しでも軽減させて頂こうと、仮住まいを無料でご提供させて頂いています。(※ご使用分の光熱費のみご負担頂きます。)
また、ご家庭のご事情上より、そのまま家で住みながら工事をしたいが、工事中に家具や荷物を移動する場所が無い。といったお客様の為にも、当社では荷物や家具をお預かり出来る場所も無料でご提供させて頂いております。
どうぞこのサービスをご利用下さい。
(仮住まいのお部屋は全部で3室、荷物お預かりのお部屋は5室をご用意しています。)

 

仮住まい荷物お預かりサービス(大阪)

仮住まい#1

仮住まい#2