ガラス磨き

 ガラス磨きは晴れた日よりも湿気で汚れが落ちやすい曇りの日にするのがオススメです。
新聞紙を丸めて水に浸しかたく絞ったもので拭いて下さい。ガラスの汚れがきれいに落ちます。これは新聞紙の印刷に使われているインクの成分に汚れを取る作用とつや出しの効果があるため。仕上げも乾いた新聞紙でキュッキュッと磨き上げます。

網戸

 網戸の汚れは網戸の一面にボール紙を貼って 反対側から掃除機のノズルで取ります。
裏打ちしないで掃除機をかけると、ほこりが取れない上に網のたるみの原因になります。汚れがひどい時には網戸を取り外して網戸の裏側にボール紙を当て家庭用洗剤を薄めてスポンジやたわしでこすって下さい。その後水で洗い流して下さい。
網は一度たるんでしまうと戻らないので、力の加えすぎには十分注意して下さい。

天井のほこり取り

 たばこのヤニやほこりなどで天井は意外に汚れています。
そこで柄の長いほうきの先に着古したTシャツをかぶせ(布などを巻き付けてもOKです)さらにその上に古いストッキングをかぶせます。これを使って天井のほこりをサッとふき取って下さい。

ビニールクロス

 継ぎ目に水が入るとはがれやすくなるので雑巾は固く絞って下さい。
手垢など目立つ汚れは住宅用洗剤をぬるま湯に薄めて固く絞って拭いて下さい。またちょっとした汚れなど消しゴムや食パンの白い部分でこすってみて下さい。

壁のシールのはがし方

 お子様が壁や机にベタベタ貼ってしまったシールやワッペンをはがすのにはドライヤーが役立ちます。
はがしたいシールの上からドライヤーの熱風を数分あてると糊がゆるんで、はがせやすくなります。

板張り床

 ほこりやゴミを拭いた後、から拭きして下さい。
水拭きすると板が膨れたり表面の光沢を失ったりしますので注意して下さい。
 つや出しにはいくつかの方法があります。市販のワックスを使う方法、ぬかやお茶殻を乾燥させ袋に入れて磨く方法、残っていたみかけの牛乳を柔らかい布に含ませて磨く方法があります。牛乳の脂肪分には美しいつや出し効果があり、いたみかけた牛乳にはアンモニアが含まれ汚れを落とす効果があります。
 ワックスをかけた後はほこりが付きやすいので窓を開けたりするなどして風通しをよくして早く乾燥するようにします。

クッションフロア(ビニル系の床)

 洗面所、トイレ、キッチンで多く使われているクッションフロアの汚れはお湯で薄めた中性洗剤で落とし、その後水拭きして、から拭きして下さい。
(水拭きは油気を奪ってひび割れの原因になります。)

カーペット床のシミの処理方法

 シミが付いてしまったら内部に染み込んで乾かないうちに取るようにして下さい。
固く絞った雑巾でたたくようにして拭いて下さい。むやみにこすると広がってしまうので注意して下さい。

しょうゆ、お茶、コーヒー、酒、ジュースなどをこぼした場合

 乾いた布で水分を取り、食塩をかけておきます。食塩が湿ってきたら歯ブラシで食塩を浮き上がらせる感じでこすり、掃除機で吸い取ります。その後、住居用洗剤でふき取って下さい。

化粧品、クレヨン、機械油などがついた場合

 シンナーやベンジンで汚れを溶かし、水拭きしてから住居用洗剤で拭いて下さい。その際、溶剤や洗剤でカーペットが変色しないかどうかを隅の部分で試して下さい。

チューインガム

 ポリ袋に入れた氷で冷やし、固まってからヘラなどでこすり取ります。その後ベンジンで残りをつまむようにして取り、水拭きします。

家具移動の跡

 へこんだ部分に布を当て、熱湯をかけて染み込ませます。その上からアイロンの蒸気をかけて蒸すと元に戻ります。この時、直にアイロンをカーペットの上に置かないように気を付けて下さい。

 畳の目に沿って、ほうきや掃除機でほこりを取り除いて下さい。畳全体が汚れている時は酢水(酢と水を半量ずつ合わせる)で雑巾を固く絞り、サッと拭いて十分乾拭きします。畳の日焼けはみかんの煮汁で漂白できます。1リットル位の水に、みかんの身の部分を5個入れて煮出し、それをこして冷まします。この煮汁で雑巾を固く絞って拭いて下さい。

畳の汚れの処理方法

畳にしょうゆやソースをこぼした場合

 こぼれた部分に小麦粉か塩をたくさんかけて、水分を吸収させた後ほうきで掃き、残ったものは掃除機で吸い取って下さい。

ペットの糞尿の場合

 熱湯で固く絞った布で叩くようにして拭いた後、酢を付けて拭き、水拭きと乾拭きをして下さい。

壁の油汚れのお手入れ

 ガスレンジのまわりは特に油はねなどで汚れがひどいものです。
こうした汚れはべとついていてこすったりするとかえって落ちにくくなってしまいます 。そこで試して頂きたいのが、汚れた部分にティッシュペーパーをかぶせその上に台所洗剤か住まいの洗剤をスプレーします。ティッシュペーパーに汚れが浮き上がってきたらサッとふき取り水拭きできれいにします。換気扇も同じ要領で試して下さい。

流し台のお手入れ

 ステンレスの流し台は汚れが付きにくい反面、すぐにキズがつきやすくなっています。
そこで安全な磨き方として大根や人参などの使い残しの野菜にクレンザーを付けて汚れをこすり取ります。

流し台のニオイを消す方法

 水アカや油、生ゴミのカスなどで、流しは独特のニオイを発散します。
そこで、コップ一杯の濃い塩水、あるいは酸素系漂白剤を流し口に注いでみましょう。嫌なニオイがあっさりと消えてしまいます。

便器の汚れ

 便器の中の汚れや黄ばみや黒ずみにはその汚れにあったトイレ用洗剤を使って下さい。(酸性と塩素系は混ぜると大変危険ですのでご注意下さい。)トイレットペーパーにトイレ用洗剤を含ませ、汚れている部分に貼り付けて下さい。しばらくしてからブラシでこするとよく落ちます。

浴槽のお手入れ

 ポリ浴槽の場合、落ちにくい黒ずみには専用洗剤を塗りつけ、5~6分おいてからこすり落とします。クレンザーやナイロンたわしは表面を傷めるので絶対にやめて下さい。
 ステンレス浴槽の場合、取れにくい水垢には粉石鹸にソフトクレンザーを少し混ぜて濡れたスポンジで一定方向にこすります。

タイル目地の汚れの落とし方

 黒ずみなどはクリームクレンザーなどで落として下さい。それでも落ちない場合はカビと考えて良いでしょう。カビの場合はゴシゴシこすっても取れないので、カビ取り専用の洗剤を塗りしばらくおいて下さい。カビが取れたら水で洗い流して下さい。
 ブラシなどで塗る場合のテクニックとして横目地にだけ塗るようにします。横目地から流れ出た液が自然に縦目地に流れ落ちきれいにしてくれます。カビ取り剤などが手についてヌルヌルするときは食酢を付けると中和してすぐになおります。

お家を上手にメンテナンスして、長持ちさせましょう。

(ご参考)メンテナンスチェック項目


2年目
3~5年目
5~10年目
10~15年

外壁

 

ひび割れ要点検

 

壁のすきま、サビ要点検

 

総点検


屋根

 

鐵板ペンキ要塗替え

 

瓦の割れ、ズレ要点検

 

総点検


外まわり

 

鉄部のサビ要注意

 

総点検

 

総点検


内装

カビに注意要点検

 

畳、じゅうたん、クロス要張替え

 

塗装壁要塗替え

 

塗装壁要塗替え


設備

トイレタンク、浄化槽要点検

 

トイレパッキン要交換

 

風呂バーナー要交換

 

風呂、給湯器要交換


水まわり

水道蛇口パッキン要交換

 

排水管要点検

 

給水管要点検

 

給水管要点検


建具

障子要張替え

 

ふすま要張替え

 

破損した扉など要取換え

 

破損した扉など要取換え

 

仮住まい荷物お預かりサービス(大阪) リフォーム工事に付属して発生する出費は工事の規模や内容により様々で、一概に工事費の何%といえる性格のものではありませんが、もしもの場合を考え、資金のプールはしておきましょう。

 例えば、梁や床下の柱が傷んでいるなど、外見からわからない内部の構造に問題があることも意外に多いものです。
リフォームの規模によっては、仮住まいやその引っ越しのための費用が発生することもありますが、当社では、仮住まい、荷物お預かりサービスを無料で提供しております。

 さらに、リフォームを機に家具や什器などもついつい買い替えたくなるのも人情。これも程度の問題ですが、付属発生出費として組み込んでおくと後々スムーズでしょう。

 

 

 

 金融機関のリフォームローンを上手に活用して、無理のない返済計画をたてましょう。
オリコリフォームローン 当社提携オリコWebリフォームローンは、webでリフォーム工事のローンのご利用可能額や月々のお支払額をご確認いただける無料サービスがございます。
返済シミュレーションで、返済期間、月々の返済額の概算を確認することが可能です。お手続きも簡単にでき、安心して、ご利用いただけます。